政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)は25日午後、公益法人などを対象とした事業仕分け第2弾の後半戦4日目の作業を続けた。全国農林統計協会連合会(農林水産省所管)が実施している農林統計調査に携わる登録調査員の講習事業については、「当該法人の事業としては廃止の方向で検討する」と結論付け、「地方農政局の活用など国が同事業をいったん引き取る」と付言した。
 田畑の実測調査や農家などへの面接調査を行う登録調査員は、原則年1回、講習会に参加することになっているが、2009年度の受講率は33.9%と低い。仕分け人は「同連合会の講習は効果が疑問」と判断。講習会の必要性は認めつつ、同連合会以外での実施を提言した。
 また、農村環境整備センター(同)による「田んぼの生きもの調査」事業も「いったん廃止して国に戻す」との結論を出した。同調査は、毎年小学生や地域住民約5000人が参加して田んぼやその周辺に生息する生物を調べるが、仕分け人は国土交通省の「河川水辺の国勢調査」、環境省の「自然環境保全基礎調査」との重複を指摘した。 

【関連ニュース】
裁判所内のコピー業務は見直し=1枚50円「高い」
宝くじ法人の改革、早急に=原口総務相
事業仕分けの結果(24日)
許認可、資格制度で議論紛糾=公益法人関与の意義不明確
事業委託、天下り法人は除外=枝野行政刷新相

本当に成功しているの? カワイイと評判らしい宮崎あおいのCM
「ステーキおごったる」でも所持金400円…無銭飲食で逮捕(産経新聞)
テレ朝2審も敗訴 マンション建設報道で(産経新聞)
<降雨>東海地方、24日夕にかけ強い雨(毎日新聞)
渋谷の夫殺害、被告の責任能力認める…控訴審(読売新聞)
[PR]
by v9meuue2ey | 2010-05-27 10:20
 東北新幹線新青森駅開業に伴い、来年3月に導入される新型車両E5系の愛称が11日、「はやぶさ」に決まった。国内最高速の320キロで走行する最新鋭車両の愛称について、JR仙台駅前と青森市内で利用者らの印象を聞いた。

 仙台市青葉区の東北学院高1年中嶋晃彦君(15)は「スピード感があり言葉の響きがシャープ。走行すると徐々になじんでくるのではないか」と好印象を持ったよう。
 旅行で青森市を訪れた東京都立川市の無職高桑善悦さん(77)も「速そうなイメージでいい。ぜひ乗りたい」と納得。青森県の三村申吾知事も「スピード感にあふれた素晴らしい名称。320キロでぶっ飛ぶぞ、という感じだね」と評価した。
 一方、宮城県富谷町の会社員関由美子さん(48)は「速さは感じるが、東北という郷土色が感じられない」と言う。仙台市青葉区の会社員太田悠さん(22)も「東北にちなんだ愛称でなく実感がわかない」とすっきりしない表情だ。
 就職活動で青森市を訪れていた盛岡市の岩手大大学院生張山樹さん(23)も「青森のイメージがあまりわかない」と首をかしげた。
 「はやぶさ」は昨年3月まで東京―熊本間を走っていた寝台特急の愛称で、それが東北新幹線で復活した格好だ。
 鉄道旅行が趣味の仙台市青葉区の会社員斎藤絵梨子さん(36)は「50年以上の歴史がある名前でJR側にも強い愛着があったのではないか」と推測。「斬新な愛称を期待していたが、結果的にどの世代の人にも納得される無難な名前に収まった感じがする」と話した。

◎「新しさ」「親しみ」兼備/JR東日本社長強調

 東北新幹線東京―新青森間の新型車両として導入されるE5系の愛称「はやぶさ」について、JR東日本の清野智社長は11日の記者会見で「流線形の姿にスピード感を重ね合わせた。新しさと親しみやすさの両方を兼ね備えている」と強調した。
 同社が3月に実施した公募では「はつかり」が最多で「はつね」「みちのく」が続いた。現在、東京―八戸間を走るE2系「はやて」の存続を支持する意見も根強く、「はやぶさ」の人気は決して高くなかった。清野社長は「はやぶさは日本各地に生息しており、急降下する際の時速は300キロにも達する。速さあふれる鳥の姿に新型車両のイメージを感じてほしい」と説明した。

<E5系愛称の公募結果>
    名称    件数
 (1)はつかり  8,948
 (2)はつね   7,184
 (3)みちのく  5,904
 (4)つがる   4,888
 (5)はやて   4,200
 (6)みらい   4,130
 (7)はやぶさ  3,129
 (8)かわせみ  2,957
 (9)ねぶた   2,272
(10)とわだ   1,984


<トヨタ社長>「24耐」出場見送り…周囲の猛反対で(毎日新聞)
ゆったり 平安絵巻 都大路で葵祭(産経新聞)
普天間、大枠合意へ調整=月内に外務、防衛相会談―日米(時事通信)
基本政策閣僚委、当面見送りを=官房長官に申し入れ―社・国(時事通信)
<NPT会議>日本主導で声明 被爆者、ロシアの賛同を評価(毎日新聞)
[PR]
by v9meuue2ey | 2010-05-18 11:07
 静岡県裾野市須山の富士サファリパーク「どうぶつ村」に、絶滅が危惧(きぐ)されるイヌ科の希少動物・リカオンが7頭お目見えした。

 同園の開園30周年を記念した「種の保存」への取り組みの一環。現在、国内でリカオンが見られるのは同園だけという。

 リカオンは、アフリカのサハラ砂漠以南のサバンナや疎林地帯に3000〜5000頭が生息するのみで、国際自然保護連合(IUCN)の「レッドリスト」で絶滅危惧種に指定されている。

 富士サファリパークは、希少動物の保護のため計画的な繁殖に取り組もうと、専用の展示場を新設。巣穴や池、アリ塚など実際の生息地に近い環境を整備し、オス4、メス3の計7頭が群れで生活できるようにした。同園は「リカオンを多くの人に見てもらい、計画的に繁殖できれば」と話している。

普天間、県民の期待伝えたい=首相訪問は「大歓迎」−沖縄知事(時事通信)
溶接少女キラリ…工業高3年の仁平さん最優秀賞(読売新聞)
「グラウンド整備悪い」と中学生殴る=野球部練習で、男を現行犯逮捕−岩手県警(時事通信)
胸に刺し傷の重体女性が死亡 横浜(産経新聞)
前原氏に米期待「普天間、局面打開へ役割を」(読売新聞)
[PR]
by v9meuue2ey | 2010-05-07 11:06