<マサイキリン>大きな赤ちゃん、すくすく−静岡(毎日新聞)

 マサイキリンの雄の赤ちゃんが先月、静岡市立日本平動物園で生まれた。体高190センチ超の「大きな赤ちゃん」は飼育員からミルクをもらって、元気に育っている。名前はこれから公募する予定。10日からキリン舎内の赤ちゃんの「寝室」も一般公開する。

【写真特集】動物の赤ちゃんがいっぱい 毎日動物園

 マサイキリンは東アフリカの草原地帯に生息し、雄は体高約5メートルに成長する。同動物園によると、生まれたのは母親リンの妊娠470日目にあたる1月20日午後8時ごろ。約30分後には自力で立ち上がった。生まれてすぐの体高は182センチで、体重は72キロ。リンがうまく母乳を与えられなかったため、人工保育している。【望月和美】

【関連ニュース】
【動物の赤ちゃん】パンダ:淡い茶色をした野生の赤ちゃん発見 中国で
【動物の赤ちゃん】白いトラ:五つ子の赤ちゃん…チリの動物園で誕生
【動物の赤ちゃん】オットセイの赤ちゃんを輸送 宮城県の水族館
赤ちゃんの名前:男の子1位は4年連続で大翔 女の子は凛

常陸宮ご夫妻が昭和天皇記念館をご視察(産経新聞)
多摩のNPO スギ伐採し製品化 花粉症対策にも(毎日新聞)
温室効果ガス25%削減で3案提示 政府の「行程表」論議スタート(産経新聞)
ビル放火サンタは「トラブルあった」会社員(読売新聞)
広がる「同姓同名」ネットワーク 偉人を自分とだぶらせ・・・別の人生疑似体験(産経新聞)
[PR]
by v9meuue2ey | 2010-02-11 05:11