<前原国交相>JR不採用問題「早く解決を」(毎日新聞)

 87年の国鉄分割・民営化の際、労働組合の組合員がJRに採用されなかった問題で、前原誠司・国土交通相は19日の記者会見で、与党3党が解決に向けて動き始めていることを明らかにした。

 前原国交相は「長年解決していない問題だ。闘ってこられた方も高齢となり、亡くなった方もいる。一日も早い解決が望ましいとは考えている」と述べたうえで、「何らかの要請、要望があれば対処したい」と話した。

 この問題は、国鉄労働組合(国労)所属などを理由に、北海道や九州の組合員ら1047人がJRに不採用となり、解雇無効を求める訴訟が続いている。

【関連ニュース】
八ッ場ダム:24日に会合 前原国交相と地元
日本航空:前原国交相「更生法」を提示 銀行側応じる意向
前原国交相:「国民新、社民に引っ張られている」と発言
羽田空港:新幹線乗り入れ 前原国交相がJR東海に打診
高速道路無料化:社会実験 曜日限定せず…前原国交相

意地の特捜部、対決姿勢の小沢氏(産経新聞)
節分の縁起物 くま手づくり最盛期 愛知・西尾の勝山寺(毎日新聞)
<都教育委>全都立高で日本史必修科目に 13年までに実施(毎日新聞)
ブルジュ・ハリファ 124階は浮遊感…雲に手届きそう(毎日新聞)
<電車内痴漢>39人を検挙 首都圏の新学期集中取り締まり(毎日新聞)
[PR]
by v9meuue2ey | 2010-01-25 06:16