総人口、過去最大の減少=女性は初の自然減−総務省推計(時事通信)

 総務省は16日、昨年10月1日現在の年齢別・都道府県別推計人口を発表した。在日外国人を含む総人口は前年比0.14%(18万3000人)減の1億2751万人。2年連続の減少で、減少率・数ともに比較可能な1950年以降で最大だった。女性は、出生児数が死亡者数を5000人下回り、同年以降で初めて「自然減少」を記録した。男性は5年連続の自然減。
 また、外国人は入国者数が出国者数を4万7000人下回り、15年ぶりの「社会減少」となった。減少数は過去最大。同省は「リーマン・ショック後の雇用情勢の悪化で、本国に帰国した外国人が多かったのではないか」とみている。 

製薬・医療機器業界からヒアリング―国民の医療を考える議連が初会合(医療介護CBニュース)
両陛下、宝塚歌劇を鑑賞(時事通信)
<鈴木副文科相>教員人事権移譲に「理念は共有」と評価(毎日新聞)
橋げたに車接触?衝撃をセンサーが感知 JR阪和線で電車遅れる(産経新聞)
悠仁さま お茶の水女子大付属幼稚園へご入園(産経新聞)
[PR]
by v9meuue2ey | 2010-04-17 12:23