寺で火災、80代夫婦死亡=住職の両親−福井(時事通信)

 29日午後6時35分ごろ、福井市松本の照護寺で火災があり、鉄筋コンクリート造り本堂兼住宅の1階住宅部分約110平方メートルを焼いた。住職武田照寧さん(62)の父照淳さん(88)と母佐喜子さん(86)が1階に倒れているのを救出され病院に搬送されたが、間もなく2人とも死亡が確認された。
 県警福井署によると、寺には武田さん夫妻と照淳さん、佐喜子さんの4人が住んでいた。出火当時、武田さん夫妻は外出中で無事だった。 

【関連ニュース】
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か
「住宅」のまま用途変更せず=グループホーム火災
民家火災で3人死傷=2階から遺体、10代の息子か
住宅火災で男児2人死傷=1歳と3歳、煙に巻かれる
寺放火の疑い、僧侶逮捕=火災保険3億円

民主、役員会で生方氏留任を確認へ 小沢氏は4時半から会見(産経新聞)
首相、郵政改革法案は「来週火曜に結論」(産経新聞)
名古屋市議会 報酬維持を強調…議長「民意聞き基準に」(毎日新聞)
首相「企業団体献金の禁止に踏み込み根っこを絶つ」(産経新聞)
子宮頸がんワクチン接種 定期検診とセットで(産経新聞)
[PR]
by v9meuue2ey | 2010-03-31 03:59