<内閣府参与>湯浅誠氏が辞任 「一区切りがついた」として(毎日新聞)

 菅直人副総理兼財務相は5日、湯浅誠・内閣府参与が同日付で辞任したことを明らかにした。湯浅氏は08年末から09年初めに日比谷公園に設けられた「年越し派遣村」の村長として知られる。

 菅氏は民主党代表代行時代に派遣村支援に奔走。政権交代後の昨年10月、雇用問題の助言を得るため、湯浅氏を参与にしていた。年末年始の失業者対策として、ハローワークを拠点にした「ワンストップ・サービス」の実現に取り組んだ湯浅氏だが、今年に入り「一区切りがついた」として菅氏に辞意を伝えていた。菅氏は「慰留したが、本人の強い意向があった。トラブルではない」と説明した。【坂口裕彦】

【関連ニュース】
年越し派遣村の経験。労働者支援に生かすには。
公設派遣村:退所後に住まい確保502人
女性たちが訴える派遣労働の問題点とは。
貧困ゆえに低学力、意欲向上どう導く
クローズアップ2010:「山本病院」業過致死容疑逮捕 貧困ビジネス荒稼ぎ

<ニュートリノ>295キロ離れた所で検出に成功(毎日新聞)
被災地の邦人26人無事、残るは7人…チリ地震(読売新聞)
警報引き下げ、適切ではない=「3メートル津波」は否定−気象庁(時事通信)
<原口総務相>新人議員向けの勉強会開く(毎日新聞)
小遣いなくなったから…小中学生がひったくり(読売新聞)
[PR]
by v9meuue2ey | 2010-03-06 05:40